鍵のトラブル/合鍵/開錠/防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 鳳店におまかせください!土日・祝日も出張工事OK!

0120-83-9948

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日も出張工事OK!

カギの救急車|トップ

カギの救急車|メニューアイコン

工事事例Case

【堺市西区草部 出張工事】MIWA LDSP LDA 8137 カバスタープラス マンション 錠ケース 交換

分譲マンションにお住いのお客様より『最近玄関のカギを掛ける時にすごく軽くなった様に思うので、、、』とご相談いただきました。

 

 

現場にて拝見さえていただくとお客様の仰る通り軽く【スカスカ】した感じでした。おそらくデットボルト(カンヌキ)を動かす辺りに問題がある様に思われます。 錠ケースを分解してみるとやはり内部の部品が欠損していました。

 

 

 

こちらのドアには美和ロックで以前に一度カギを交換したことがあり『U9LD』タイプで錠ケースには『LDSP』と刻印されているケースロック錠になります。

 

施工前

 

以前にシリンダー交換されてはいますが、本体(錠ケース)は交換しておらず約20年ほどお使いとのことで錠ケースの交換とより防犯性の高いシリンダー数種類ご提案させていただき、ドルマカバ社『カバスタープラス』シリンダー【8137】のご成約いただきました。

 

 

(錠ケース)を交換するのですが、『LD』タイプは今現在廃番商品となっており、『LDA』が代替え商品として発売されております。
詳しくは割愛しますが『LD』にシリンダーを装着する際にはシリンダーを【クルクル】と回しながら装着するのですが、『LDA』にシリンダー装着する場合はU字になったカンザシを差し込みシリンダーを固定致します。防犯面では『LDA』>『LD』となります。

 

 

最後に『防犯プレート』の交換です。元々プレートが付いていましたがこちらも、より防犯性の高い商品に交換することになりました。
防犯プレートとは扉と壁の隙間にバール等によるこじ開けを防止します。ドアと壁の隙間に、釘抜きのような『L字型』をした工具・バールを押し込み、【てこの原理】で錠前本体を破壊し侵入されてしまいます。破壊された場合の扉は修復費用がかさむことにもなりますので安価で効果の大きいガードプレートの取り付けをお勧め致します。

 

 

 

GOALゴール、MIWA美和ロック、SHOWAユーシンショーワ、WESTウエスト、ALPHAアルファ、KABAカバ、鍵交換、シリンダー交換、補助錠取付、鍵取付、修理などは当店『カギの救急車 鳳店』までお気軽にお問合せください。お役に立てるかもしれません。m(__)m

 

一覧へ戻る
鳳店Facebook 鳳店twitter