鍵のトラブル/合鍵/開錠/防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 鳳店におまかせください!土日・祝日も出張工事OK!

0120-83-9948

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日も出張工事OK!

カギの救急車|トップ

カギの救急車|メニューアイコン

工事事例Case

【堺市内 出張工事】自動扉錠 棒カギ GOAL TDシリーズ 交換

お話をお伺いするとカギはお持ちで、昨日退社時に間違いなく戸締りをされたのですが朝出勤してくると施錠されていなく、貴重品を確認するとやはり泥棒に入られていたそうです。囧rz

 

 

被害のパターンとしては

①錠ケース内部破損
デッドボルト(カンヌキ)を直接攻撃されて、錠前の中に納まる方向に力が掛かることによりデッドボルトが引っ込んでしまう。

②デッドボルト変形
デッドボルトに側圧が掛かることにより曲がってしまい開いてしまう。

③受け部破損
枠についている受け金具が壊れてめくれてしまい、デッドボルトが出ている状態で開いてしまう。

などが考えられますが、今回は①のパターンと思われ、強引な手口の為、お客様がお持ちのカギでは通常通り使えず、錠前交換することになりました。

前方後円墳の様な鍵穴🗝

こちらの扉は自動扉で足元に錠前があり地面に突き刺さる様にデッドボルト(カンヌキ)が出てくるGOAL『T-51』シリーズのガラス扉錠がついていて、錠前交換するには自動扉を外して作業します。

先ずは室内側上部にある自動扉エンジンカバーパネルを外し最小限のビスを外します。(今回は6本でした。)以前は余計なビスを外して最終の扉調整に苦労した時もありました。

扉を取外し、一旦横向きに置き錠前本体ビス2点を外し入れ替えし扉を元通りにします。今回の扉は比較的小さくアルミ製でしたので一人で作業する事ができました。💦

後は問題なく自動扉が作動するか入念に確認して現状復旧の作業終了となりました。

 

GOAL(ゴール)、SHOWA(ショーワ)、MIWA(ミワ)等の錠前交換、棒鍵、鍵折れ、自動ドア、強化ガラス戸、店舗、住宅錠、自動車、バイク、ロッカー、事務机(デスク)、キャビネット、金庫などの折れたカギの取り出し、解錠、修理、復元、シリンダー交換は『カギの救急車 鳳店』までお気軽にご相談ください。お役に立てるかもしれません。m(__)m

一覧へ戻る
鳳店Facebook 鳳店twitter