鍵のトラブル/合鍵/開錠/防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 鳳店におまかせください!土日・祝日も出張工事OK!

0120-83-9948

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日も出張工事OK!

カギの救急車|トップ

カギの救急車|メニューアイコン

工事事例Case

【堺市堺区海山町 出張工事】スズキ GSR250 インロック 開錠

バイクのシート下の収納スペースにカギを置いたまま、シートを装着してしまいインロック状態となりご連絡いただきました。

 

 

こちらのバイクはスズキ『GSR250cc』です。

車輌プロフィール

2012年7月に発売された250ccのロードスポーツモデル、GSR250。中国市場におけるラグジュアリーモデルとして販売されていたGW250を、日本及び各国向けに導入しようというもので、そもそもの成り立ちから、軽快なスポーツ性能を持つ同時代の競合モデル(ニンジャ250RやCBR250R)と性格を異にしていた。エクステリアデザインは、ハヤブサのネイキッド・バージョンとして販売されたB-KING(2008年)のイメージを受け継いだもので、ヘッドライトからタンクにかけての造形は、たしかにあのハイパーモデルを思わせるものだった。248ccの水冷4スト並列2気筒エンジンは、シリンダー内径(ボア)よりもピストンストロークが長い「ロングストローク型」で、中低速域での扱いやすさを重視したものだった。250ccクラスとしては比較的重めな車重も、低い重心とあいまって、乗りやすさにつながっていた。2014年1月にはハーフカウル仕様の「GSR250S」が、同年9月にはフルカウル仕様の「GSR250F」が追加され、2017年モデルをもって生産を終了した。2010年代の250ccスポーツモデル人気の中で、独自の立ち位置を持っていたモデルだったことは間違いない。なお、GSR250系のエンジンは、2017年発売のフルカウルスポーツ、GSX250Rに受け継がれた。※GSR250は、米国と中国ではGW250として、欧州ではINAZUMA250(イナズマ250)としてラインナップされたそうです。

 

 

作業は、シートを取り外す為のシリンダー(鍵穴)にテンションという工具を装着してピッキングしました。

 

 

シート下収納スペースにカギがあり、無事作業終了となりました。

 

V965

 

 

 

 

・HONDA / ホンダ ・Kawasaki / カワサキ ・SUZUKI / スズキ ・YAMAHA / ヤマハ
バイク・オートバイの内溝キー、特殊キー、イモビライザーキー、合鍵などのご相談は『カギの救急車 鳳店』までお気軽にご相談ください。お役に立てるかもしれません。m(__)m

一覧へ戻る
鳳店Facebook 鳳店twitter