鍵のトラブル/合鍵/開錠/防犯対策 鍵と錠・防犯のことなら カギの救急車 鳳店におまかせください!土日・祝日も出張工事OK!

0120-83-9948

お客様専用フリーダイヤル

土日・祝日も出張工事OK!

カギの救急車|トップ

カギの救急車|メニューアイコン

工事事例Case

【店舗御来店】スバル サンバー コード複製

カギを拝見させていただくと、かなり使い込まれたようですり減った状態で回ったり回らなかったり、カギを手前に引けば回ったりの状態でした。( ゚Д゚)

刻印→X◯◯◯◯(X4桁)

 

通常追加でカギが必要の場合は『合鍵』になるのですが、今回のような場合には『コード複製』という方法で作業を行う事が可能です。

この場合は、コードブックという鍵のデータが網羅された本からコード検索をしたり、鍵の刻みを目視で読み取りデータカットしたりしています。今回は鍵山もかなりすり減った状態でしたし、純正キーでキー№の刻印がありましたので、キー№からコード作製します。コード複製することで、カギはすり減る前の新車の状態に近づき動作もスムーズになります。

実際はお持ちのカギの経年劣化と、イグニッションシリンダー内部のピンの経年劣化でこの様なトラブルが考えられますので、より確実を求める場合はイグニッションシリンダー全体の交換しピン組替えする、若しくはイグニッションシリンダー内のピン組み換えし新しいものに入れ替えする事をお勧め致します。

ピンキット

 

一覧へ戻る